産経ニュース

写真詳細 - 産経ニュース

ニュース プレミアム

【河崎真澄のチャイナウオッチ】「阿Q」の呪縛は続いている 魯迅没後80年、生誕135年にして中国社会の病巣はなお変わらず

ニュース写真

  • 魯迅が晩年を過ごした上海市内の旧居から、かつてスコット路と呼ばれた通り沿いに歩いて数分、現在は四川北路となっている場所で、魯迅がよく訪ねた「内山書店」の所在地を示すプレート。現在は中国工商銀行の建物になっている。「内山書店」は日本人の内山完造(1885~1959年)が経営し、日中の文化人が集まるサロンでもあった。プレートには魯迅と内山の2人の姿が刻印されている(河崎真澄撮影)
  • 近代中国の文豪、魯迅が晩年の1930年代に過ごした上海市内のスコット路(現在は山陰路)の旧居。当時、数万人の日本人が暮らしていた“日本租界”とも呼ばれた虹口(ホンキュ)の一角で、3階建てレンガ造りの瀟洒なアパートがいまも残されている(河崎真澄撮影)