産経ニュース

【大前恵の勝つための食育】巨人・上原浩治投手、体重管理で「トリプル100」達成

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大前恵の勝つための食育】
巨人・上原浩治投手、体重管理で「トリプル100」達成

中日戦の試合前、100勝100ホールド100セーブ達成の記念セレモニーでボードを手にする巨人・上原浩治=7月29日、東京都文京区の東京ドーム(撮影・大橋純人) 中日戦の試合前、100勝100ホールド100セーブ達成の記念セレモニーでボードを手にする巨人・上原浩治=7月29日、東京都文京区の東京ドーム(撮影・大橋純人)

 「勝てば良かったけど、偉業は偉業。尊敬しています」

 7月20日。巨人の上原浩治投手が広島戦に登板し、日米通算での100勝100セーブ、100ホールドの「トリプル100」を日本人選手で初めて達成しました。先発、中継ぎ、抑えと投手が担うすべてのポジションでいずれも大台到達。記録達成後の7月29日は、東京ドームで息子さんも招かれての記念式典が行われました。

 上原投手が20代前半だったころから食生活のサポートを担ってきた私にとっても、本当にうれしいニュースでした。当日の様子はインターネットの動画中継でチェック。祝福のLINEメッセージを本人に送りました。翌朝、上原投手からはVサインの絵文字が返ってきました。

 思い返せば、2007年にチーム事情から抑えに回った上原投手は翌08年、自らの希望で先発へ復帰しました。しかし、このシーズンは開幕当初から苦戦。不調続きで「何もできないというのは、こういうことなのかな」と壁にぶち当たっているように見えました。09年からはメジャーへ挑戦。けがにも悩まされました。

 最初は先発でしたが、中継ぎ、抑え、再び中継ぎとポジションを変えつつ、9シーズンに渡ってメジャーのマウンドに立ち続けました。「チームが勝つために何ができるか、自分が生き残るために何ができるか」。そんなことを考えて生き抜いてきたことでしょう。

 栄養管理の面でも変化を求められました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 巨人・上原浩治投手、体重管理で「トリプル100」達成

「ニュース」のランキング