産経ニュース

明治維新胎動の地で“公園維新”だ! 山口ゆめ花博の挑戦、都市公園の既成概念塗り替える

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


明治維新胎動の地で“公園維新”だ! 山口ゆめ花博の挑戦、都市公園の既成概念塗り替える

「山口ゆめ花博」の入り口となる「ウェルカムゾーン」 「山口ゆめ花博」の入り口となる「ウェルカムゾーン」

活用

 国土交通省も危機感を覚え、平成25年にフェアの改革方針を示し、それに応じたのが、今回の山口ゆめ花博だった。

 明治維新150年の記念事業を計画し、その中核イベントに都市緑化フェアを据えていた山口県が、「形骸化した都市緑化フェアをぶっ壊して、新しいものを作ろう」と提案した沢田さんに乗った。維新胎動の地ならではの進取の精神が、沢田さんの案に呼応したというところか。

 沢田さんによれば都市公園は、都市計画課が作るので「どう使うか」より、「どこに木を植えるか」「どこに何を置くか」といった視点で作られる。使用上の規制も多いし、管理にも費用がかかっている。

 だが、都市公園法が昨年改正され、園内にレストランなどの開設が可能になった。

 こうした機会を捉えた沢田さん。提案の骨格は、「都市公園の利活用」だ。「これからの日本人が、どういう公園の使い方を必要としているか」を念頭に今回の花博全体を設計した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 明治維新胎動の地で“公園維新”だ! 山口ゆめ花博の挑戦、都市公園の既成概念塗り替える
  • 明治維新胎動の地で“公園維新”だ! 山口ゆめ花博の挑戦、都市公園の既成概念塗り替える
  • 明治維新胎動の地で“公園維新”だ! 山口ゆめ花博の挑戦、都市公園の既成概念塗り替える

「ニュース」のランキング