産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる

北京の人民大会堂で開かれた「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合で演説する中国の習近平国家主席=3日(共同) 北京の人民大会堂で開かれた「中国アフリカ協力フォーラム」首脳会合で演説する中国の習近平国家主席=3日(共同)

 クロをシロと堂々と言える「中国人になりたい」と、たまに危ない妄想をし、慌てて我に返る。中国外務省の女性報道官が8月30日に発した日本政府に対する「お怒りの声」を聴いた時もそうだった。中国当局が、北京での秋葉剛男外務事務次官と王毅国務委員兼外相との会談に際し、産経新聞記者の代表取材への参加を拒否したため日本政府は抗議したのだが、「お怒りの声」はこの抗議に対して発せられた。いわく-

 「こうした『理不尽』な抗議は受け入れられない」

 「メディアが駐在国の法律を守り、その政府と協力を進め、駐在国の状況について『客観的』かつ『公正』に報道するよう教育しなければならない」

 「これは『基本的常識』だ」

 日本と中国の間では『理不尽』も『客観的』も『公正』も『基本的常識』も、意味が正反対であるようだ。産経新聞の取材を拒否した理由に関しては具体的報道内容に言及せず「取材者の人数を制限し、取材活動の安全な進行を保証する」と、判読不能な釈明を行った。北京駐在の日本メディア全体が代表取材をボイコットした経緯には、こんな“疑念”を口にした。

 「各メディアの意思によるものなのか。それとも何らかの圧力をかけられたのか」

 「報道統制」が行われている独裁国家の当局者ならではの“疑念”に接し、「報道の自由」が保証されている日本のメディア関係者としては心が痛んだ。産経新聞の抗議にも「『自らの過ち』を棚に上げて他人をとがめる芝居」と非難したが、『自らの過ち』とは「真実を報道した」ことらしい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる
  • 「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる
  • 「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる
  • 「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる
  • 「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる
  • 「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる
  • 「神対応」が「死に神対応」へと豹変する中国の途上国援助 対中債務一斉繰り延べで世界は平和になる

「ニュース」のランキング