産経ニュース

世界初、自動運転タクシー体験記「思いのほかスムーズ」 インバウンド需要に資するかも

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


世界初、自動運転タクシー体験記「思いのほかスムーズ」 インバウンド需要に資するかも

自動運転で公道を営業走行するタクシーの実証実験=8月27日、東京都千代田区 自動運転で公道を営業走行するタクシーの実証実験=8月27日、東京都千代田区

 実験ルートは交差点が多く右折・左折レーンが次々に現れるが、ハンドルさばきはスムーズだ。右折、左折ともに問題なくこなし、時には車線変更も。走行中、周囲を走る乗用車の動きが気になり、何度も周囲を見回してしまったが、特段「はっ」とする場面には出くわさなかった。

まだまだ課題はあるものの…

 一方、運転手が触らなくてもステアリングがくるくると回るさまは、昭和生まれの記者には少々奇異にも映る。また、ブレーキのかけ方は人間のそれよりも少々荒い。そのことを同乗したZMPのスタッフに指摘すると、「今後の改良点です」と話した。

 緊急対応のため乗車しているプロの運転手によれば、「ブレーキを含め、動きはかなり改善された。最初の頃は、私も乗るのがおっかなびっくりだった」とのことだ。短期間の性能改善に目を見張ったという。

 ただ、記者の安心感は緊急対応の運転手が目の前にいることが大きい。完全無人で利用者の安心感を得られるかは今後の課題だ。

 実験の蓄積でさらに性能を向上させていく方針だが、両社だけでは商用化につなげることは不可能だ。実際に事業を始めるためには道路交通法などの関係法の改正が必要になるほか、事故やトラブルの際の責任の所在も今後整理していかなければならない。また損害保険業界の関係者からは「新たな保険商品も必要になるだろう」との声も出ている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 世界初、自動運転タクシー体験記「思いのほかスムーズ」 インバウンド需要に資するかも
  • 世界初、自動運転タクシー体験記「思いのほかスムーズ」 インバウンド需要に資するかも
  • 世界初、自動運転タクシー体験記「思いのほかスムーズ」 インバウンド需要に資するかも
  • 世界初、自動運転タクシー体験記「思いのほかスムーズ」 インバウンド需要に資するかも

「ニュース」のランキング