産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】情報をインターネットで集めるだけでなく、自ら動こう

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
情報をインターネットで集めるだけでなく、自ら動こう

大和ハウス工業で採用面接の説明を受ける学生=6月1日、大阪市北区(前川純一郎撮影) 大和ハウス工業で採用面接の説明を受ける学生=6月1日、大阪市北区(前川純一郎撮影)

 保護者の世代と現代の学生の就職活動の違いは、IT技術が進化し、いつでも、どこでも、手軽に情報を得ることが可能になったことです。代表的なのは「リクナビ」「マイナビ」などの就職ナビサイトの活用です。また、フェイスブック(FB)やツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)も就活で活用されています。興味のある企業をフォローすることで、仕事内容や社風を感じることができ、なかなか得られない企業内部の情報を得ることが可能になりました。このようにIT技術を活用し就活することは「オンライン就活」といわれています。

 オンライン就活を活用した企業の採用活動の動きに変化も出てきました。学生側からみると気軽に情報が得やすい半面、企業側からみると就活生の情報が得られないといった問題があります。企業の採用活動は、自社に興味や関心を持ってくれる学生を集めることからスタートします。これを「母集団形成」と呼ぶのですが、多くの企業が就職ナビサイトを活用して学生を集めます。

 しかし、売り手市場になると学生の就活に向けた動きは鈍くなり、母集団を形成できない企業も増えています。企業も就職ナビサイトに採用情報を掲載するために掲載料が発生します。大企業であれば就活生が自ら見つけてくれますが、中小企業の場合はなかなか見つけてもらうことができません。費用対効果が悪いと感じ、掲載を取りやめる企業も見受けられます。

続きを読む

「ニュース」のランキング