産経ニュース

【ニュースの深層】水難事故が相次ぐヘッドランドの“魔性” 茨城、1週間で4人死亡「絶対泳ぐな」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
水難事故が相次ぐヘッドランドの“魔性” 茨城、1週間で4人死亡「絶対泳ぐな」

事故のあったヘッドランドの内かさ。奥には複数の人の姿が見える=8月27日午後、鉾田市台濁沢(永井大輔撮影) 事故のあったヘッドランドの内かさ。奥には複数の人の姿が見える=8月27日午後、鉾田市台濁沢(永井大輔撮影)

 海水浴シーズンの8月。茨城県の約70キロの海岸線に点在する人工岬「ヘッドランド」付近で水難事故が相次ぎ、8月14~20日のわずか1週間で4人が命を落とした。ヘッドランド付近の海流は一見穏やかに見えるが、陸から沖に流れる「離岸流」が発生しており、その流れの早さ、強さには五輪選手ですら逆らえないという。穏やかに見えつつも、命を奪うその特徴から茨城海上保安部はヘッドランドには「魔性」があると注意喚起しており、県警はヘッドランドへの立ち入りや、付近での海水浴をやめるよう呼びかけている。

 ヘッドランドとはT字型をした人工岬だ。T字の内かさ部分にできる砂浜は、プライベートビーチのようで、子供にとって遊びやすそうに見える。だが、その近くでは離岸流が発生しており、その流れに乗ってしまえば、すぐに沖まで流されてしまう。

 茨城県鉾田市台濁沢(だいにごりさわ)のヘッドランドでは19日、内かさで遊んでいた家族の次女(8)が流され、助けようとした父親(55)=群馬県伊勢崎市=が溺死する事故が起きた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 水難事故が相次ぐヘッドランドの“魔性” 茨城、1週間で4人死亡「絶対泳ぐな」
  • 水難事故が相次ぐヘッドランドの“魔性” 茨城、1週間で4人死亡「絶対泳ぐな」
  • 水難事故が相次ぐヘッドランドの“魔性” 茨城、1週間で4人死亡「絶対泳ぐな」
  • 水難事故が相次ぐヘッドランドの“魔性” 茨城、1週間で4人死亡「絶対泳ぐな」

「ニュース」のランキング