産経ニュース

ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題

東京都内の自宅で「鶏の照り焼き丼」を調理するタサン志麻さん(石井健撮影) 東京都内の自宅で「鶏の照り焼き丼」を調理するタサン志麻さん(石井健撮影)

 「伝説の家政婦」と呼ばれる女性がいる。タサン志麻(しま)さん(39)。家事代行を仲介するウェブサイトで依頼が殺到し、なかなか予約ができないことからいつしかそう呼ばれるようになった。「作り置き料理」の手際の良さが人気の秘密だが、伝説の家政婦とは何者か。

4・99

 一定期間分をいっぺんに作り、これを冷凍・冷蔵保存などし、後日食べるのが作り置き料理。常備菜のことだ。日々の調理の手間が省けるので、忙しい主婦らにはありがたい。

 志麻さんは、3時間で1週間分の常備菜を作り上げる。おいしいうえに、密閉容器に収まるたたずまいも美しい。

 仲介サイトには絶賛するコメントが多数寄せられ、依頼主による評点は4・99点とほぼ満点だ。

 常備菜などのレシピをまとめた書籍も好評で、テレビでも引っ張りだこになってきた。

一念発起

 実は志麻さんは、フレンチの料理人なのだ。

 大阪の調理師専門学校のフランス校を卒業。フランスの有名レストランで研修し、帰国してからは東京都内のフランス料理店で働いた。迷いが生じて1年半ほど食品会社の研究室に勤める寄り道もしたが、最後には料理しかないと悟った。

 料理人になってほぼ15年を数えたとき、フランスの家庭料理を極めたいと一念発起し、渡仏のため店を辞めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題
  • ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題
  • ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題
  • ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題
  • ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題
  • ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題
  • ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題

「ニュース」のランキング