産経ニュース

銚子電鉄「まずい棒」が爆売れ!初期生産3万本完売、大増産のヒミツ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


銚子電鉄「まずい棒」が爆売れ!初期生産3万本完売、大増産のヒミツ

「まずい棒」のパッケージ。車掌のイラストは銚子電鉄の竹本勝紀社長がモデルだという(同社提供) 「まずい棒」のパッケージ。車掌のイラストは銚子電鉄の竹本勝紀社長がモデルだという(同社提供)

 千葉県銚子市のローカル鉄道「銚子電鉄(銚電)」が8月3日に発売したスナック菓子「まずい棒」が爆発的に売れている。初期生産分の3万本は25日までに完売。予想以上の売れ行きに15万本の増産を決めたが生産が間に合わず、現在は入荷待ちの状態だ。

 当初は原材料に「牛のよだれ」と書くなど、本当にまずいものをつくろうという案もあったというが、「経営がまずい」というストレートな意味合いを際立たせるため、むしろおいしいコーンポタージュ味に仕上げた。ホラーな雰囲気を出そうとパッケージのイラストにある著名漫画家を起用するなど、遊び心も満載の“爆売れお菓子”は9月7日に販売が再開される予定だ。

 まずい棒は1本50円。発売したのは「ぬれ煎餅」のヒットで注目を集めた銚子電鉄で、「経営がまずいので」という自虐的なネーミングで発売前から話題を呼んだ。

 同社によると、まずい棒は千葉県内のスナック菓子製造会社に生産を依頼している。発売に合わせて初回は3万本を注文。発売日の8月3日は1万5000本を入荷し、犬吠駅(銚子市犬吠埼)と土産品直売店「ぬれ煎餅駅」(同市小浜町)で販売したところ、24時間以内に売り切れた。その後、8日に7000本、18日に5000本、25日には残り3000本を販売し、いずれも即完売となった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 銚子電鉄「まずい棒」が爆売れ!初期生産3万本完売、大増産のヒミツ
  • 銚子電鉄「まずい棒」が爆売れ!初期生産3万本完売、大増産のヒミツ
  • 銚子電鉄「まずい棒」が爆売れ!初期生産3万本完売、大増産のヒミツ

関連ニュース

「ニュース」のランキング