産経ニュース

【iRONNA発】サマータイム 日本は「2019年問題」でパニックになる? 加谷珪一氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
サマータイム 日本は「2019年問題」でパニックになる? 加谷珪一氏

猛暑の中、皇居近くを走るランナー。東京五輪に向け、サマータイム導入の賛否が渦巻いている=東京都千代田区 猛暑の中、皇居近くを走るランナー。東京五輪に向け、サマータイム導入の賛否が渦巻いている=東京都千代田区

 最高気温が40度を超えても、さほど驚かなくなったのは気のせいか。こんな猛暑で2年後には五輪が開催される。さすがの政府も、サマータイムの導入を検討し始めたが、国民生活への影響が大きいこの議論を拙速に進めて大丈夫か?

 サマータイムは、朝の涼しい時間帯を有効活用できるほか、外が明るい時間帯に仕事を終えられるので、個人消費も活発になるといったメリットがある。ただ、今回は、こうした全般的なメリットを考えてというよりも、五輪の猛暑対策として涼しい時間帯を活用したいという部分が大きいと考えられる。

 とはいえ、サマータイム導入には情報システムのトラブルというリスクを伴う。あらゆる情報システムは、何らかの形で時間を認識して作業を行っており、コンピューターのプログラムというのはすべて時間をベースに動いているからだ。だが、どのような方法で時間を認識するかはシステムによって異なっている。

 システム内部に時計機能があって、そこで時間をカウントするものもあるし、衛星利用測位システム(GPS)を使って時間を取得するシステムもある。サマータイムを導入する場合には、ある期間だけその時間を早め、その後、元に戻すという作業が必要となるので、時間をシフトする機能を実装していないシステムの場合にはシステム改修が必要となる。

 家庭用機器にも影響

 日本では過去、何度もサマータイムが議論されてきたので、情報システムの中には、サマータイムに対応できるよう時間をシフトする機能をあらかじめ組み込んでいるものもある。だが、すべてのシステムがそうではないため、いざ導入ということになった場合には、あらゆるシステムを検証し、必要なものについては改修を実施しなければならない。

 現代では、複数の情報システムが互いに連携して動作しているので、一つのシステムが時間認識で不具合を起こすと、連鎖的にその影響が広がる可能性がある。既存システムの維持・管理の業務や新規のシステム構築業務に加えて、全システムについて夏時間対応の検証や改修を実施するのは、コスト的にも人員的にもかなりの負担となるだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • サマータイム 日本は「2019年問題」でパニックになる? 加谷珪一氏

「ニュース」のランキング