産経ニュース

【小池知事定例会見録】「豊洲市場が動きだすことが安心・安全をさらに高めることにつながるのでは」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「豊洲市場が動きだすことが安心・安全をさらに高めることにつながるのでは」

定例会見に臨む小池百合子都知事=31日、都庁 定例会見に臨む小池百合子都知事=31日、都庁

 「次に、プラスチックごみ削減についての募集を行うお知らせです。いわゆるプラスチックごみの削減、今、大変注目されておりますけれども、例えば、その一環でありますが、象徴と今もなっておりますプラスチックストローの代替品であるとか、『こうすればよい』、『ああすればよい』と、皆さんからアイデアを広く募集することといたしたく思います。海洋プラスチックごみが世界的な問題となっているわけでありますけれども、世界各国で、既にレジ袋やストローなどは削減の取組が、もう実際どんどん進んでいるのが現実でございます。そこで、都としましても、これだけの消費者である都民の皆さんがいらっしゃるわけでありますので、しっかり取り組んでいく。そして、先日、ご承知のように、廃棄物審議会を開催いたしました。そして、『プラスチックの持続可能な利用に向けた施策のあり方』について諮問したところでございます。これに合わせて、プラスチックの問題について、都民の皆さんと一緒に考える機会にもいたしたく、まず、このプラスチックストローに着目いたします。そして、それを使用しないで済む方法のアイデアを、9月3日から募集いたします」

 「研究者であるとか、実際に事業者、いろいろ考えておられる方々、こういった専門の方にとどまらずに、お子さんを含めて、一般の方々からも、『こうすれば良いんじゃないか』というようなアイデアを頂戴したいと思います。ぜひ、奮ってご応募いただきたいと思います。それから、『隗より始めよ』であります。この都庁内にも、いくつか店舗がございます。この店舗の皆さんからご協力いただいて、紙ストローの使い勝手などをテストすることも検討いたしております。詳細は、またお知らせいたしますが、やはり都の先行、率先した行動で都庁内においては、買い物をする際はレジ袋を辞退するとか、職員に協力を求めていきたいと思います。こうした取組を通じて、プラスチックの削減の推進ということに現実に取り組んでいきたいと思っております。詳細は、環境局にお聞きください」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング