産経ニュース

【酒と海と空と】(3)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 麹は「上品な和菓子の味」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【酒と海と空と】
(3)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 麹は「上品な和菓子の味」

酒米に麹菌を振りかける太田記者。後ろで見守るのは杜氏の中野さん(左) 酒米に麹菌を振りかける太田記者。後ろで見守るのは杜氏の中野さん(左)

 産経新聞社が、佐渡の地域振興を支援しようと始まったオリジナル酒「辛口産経」の製造が今年で3年目を迎え、新潟支局の若手、入社2年目の太田泰記者が1週間、佐渡に泊まり込んで酒造りを体験した。その様子を6回にわたりリポートする。

しっかり朝ご飯

 7月15日。佐渡に来てから、3日目の朝を迎えた。朝食を食べずに力を出し切れなかった昨日の反省をふまえ、いつもより早めに布団をはい出すと、用意された旅館で朝食を大急ぎでかきこみ、愛車に飛び乗った。午前7時40分ごろに学校蔵に着くと、体験者の1人である山沢五月さんが聞いてきた。

 「今日は朝ご飯、食べてきたんですか」

 「しっかりと食べてきましたよ」

 杜氏(とうじ)の中野徳司さん(42)に「おはようございます」とあいさつし、麹室に入る。今日の最初の仕事は「出麹」と呼ばれる作業。麹室に入ると、昨日までと違い、甘い香りが部屋中に充満していた。「米はどうなったのだろう?」と思い、よく見ると小さい糸のようなものが生えている。どうやら菌はしっかりと繁殖しているようだ。

 「食べてみてもいいよ」と、中野さん。少しだけ手にとって恐る恐る口に運ぶと、かすかな甘みが口に広がった。なんとなく和菓子を食べているような、上品な味だ。

 麹の塊を手でほぐし終えると、麹を冷蔵庫に移す。運ばれた麹は、使うときがくるまでは冷蔵庫に保管されることになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • (3)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 麹は「上品な和菓子の味」
  • (3)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 麹は「上品な和菓子の味」
  • (3)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 麹は「上品な和菓子の味」
  • (3)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 麹は「上品な和菓子の味」

「ニュース」のランキング