産経ニュース

【経済インサイド】“無料タクシー”の次は…機密文書処理0円 衝撃の「新ビジネス」続々

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
“無料タクシー”の次は…機密文書処理0円 衝撃の「新ビジネス」続々

企業向け機密文書処理無料サービスのイメージ広告 企業向け機密文書処理無料サービスのイメージ広告

 ターズは昨年9月に、契約企業のオフィスに専用の段ボール回収箱を設置し、溶解処理後に、古紙を再生利用して作った契約企業のロゴ入りノートやメモ帳、コースターなどのノベルティーグッズを希望に応じて契約企業に発送する有料サービス「e-Pod(イーポッド)」を始めた。

 処理を終えた後に契約企業が希望するノベルティーグッズを“還元”することで、処理工程の「見える化」を実現した。古紙の再生利用という観点から、契約企業は国連の「持続可能な開発目標(SDGs=エス・ディー・ジーズ)」への貢献にもつなげることができる。

 ただ、企業の機密文書の処理サービスには、大手宅配業者や警備会社、産業廃棄物処理業者なども参入しており、競争は激しい。そこで同社は、鍵付きの機密書類専用の“ゴミ箱”にモニターを設置し、企業広告を流すことで、処理費用を無料にする新サービスに乗り出した。「大手広告代理店などが関心を示している」(大越隆行社長)という。

 今年7月中旬、「デジタルサイネージ(電子看板)機能を備えたゴミ箱」の開発費として、日本クラウドキャピタルの株式投資型CFサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で上限額8500万円を募集。投資家の注目は高く、3時間8分で調達が完了(最終的に8290万円で確定)した。

 “ゴミ箱”は、賛同企業に無料で設置し、同社の提携先の日本郵便経由で溶解業者に送られ、リサイクル後にノベルティーグッズとして還元される仕組み。

続きを読む

このニュースの写真

  • “無料タクシー”の次は…機密文書処理0円 衝撃の「新ビジネス」続々
  • “無料タクシー”の次は…機密文書処理0円 衝撃の「新ビジネス」続々

「ニュース」のランキング