産経ニュース

【ニッポンの議論】次世代加速器建設の是非 村山斉氏「国際研究拠点に意義」 観山正見氏「国民の共感得られず」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニッポンの議論】
次世代加速器建設の是非 村山斉氏「国際研究拠点に意義」 観山正見氏「国民の共感得られず」

村山斉・米カリフォルニア大バークレー校教授(右)、観山正見・広島大特任教授(伊藤壽一郎撮影) 村山斉・米カリフォルニア大バークレー校教授(右)、観山正見・広島大特任教授(伊藤壽一郎撮影)

観山正見・広島大特任教授

 --ILC構想をどう評価するか

 「ヒッグス粒子を詳細に調べ、新たな素粒子物理学の理論を構築する可能性を探ることは専門の研究者にとって意義深いであろうことは認める。だが、他国の研究者が既に発見してノーベル賞まで獲得しているヒッグス粒子を、この上さらに詳細観測するだけでは、大きなインパクトを感じない」

 --私たちの社会や生活に役立つか

 「素粒子の世界の研究成果は、私たちの生活にほとんど関係ない。建設に伴う経済効果や雇用創出はあるが、東北地方の持続的な景気浮揚につながらないのではないか。重要なのは国民が期待を持てる将来が描かれ、消費につながるかどうかだろう。今の説明では多くの人は夢を描けないと思う」

 --日本は費用負担が大きい

 「国際協力事業なので、日本がホスト(誘致国)でも分担額は50%を超えるべきではない。半分以上を支出して主導するのではなく、世界の英知と人材を集め、あくまでその一極という立場で進めないといけない。また、これほどの大事業は、進めるにつれ費用が膨らむのが通例で、その意味でも比率を抑えておく必要がある。そもそも本当に必要な研究施設なら、米欧はもっと負担をするはずだ。現状では日本がやりたがっているだけに見える」

続きを読む

「ニュース」のランキング