産経ニュース

【iRONNA発】東京医大不正入試 現役女医が見た「男社会」の現実 山本佳奈氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
東京医大不正入試 現役女医が見た「男社会」の現実 山本佳奈氏

入試で女子の一律減点などが明らかになった東京医科大=東京都新宿区 入試で女子の一律減点などが明らかになった東京医科大=東京都新宿区

 東京医科大が女子や3浪以上の受験者の得点を一律減点し、合格者数を抑制していたことが明らかになった。不正入試の背景には、女性医師の高い離職率などがあったようだが、それを「必要悪」と短絡的に受け止めてもいいのか。議論の核心を読む。(iRONNA)

                  

 一般に、女性の労働力は、結婚や出産期に当たる年代にいったん減少し、育児が落ち着いた頃に再び上昇すると言われる。これを「M字カーブ」というが、女性医師も例外ではない。

 平成18年度厚生労働科学研究「日本の医師需給の実証的調査研究」によると、女性医師の就業率は、医学部卒業後減少傾向を認め、卒後11年目(36歳)で76%まで落ち込んだ後、再び回復している。結婚や出産を機に医師をやめる選択をする女性医師がいることも事実だが、ベビーシッターを雇いながら勤務を続ける医師もいれば、出産後すぐに復帰して第一線で働く医師もいる。

 さらに、多くの女性医師は職場や働き方を変えながら、医師を続けている。東京医大の経営者にしてみれば「退職」に等しいが、当事者の女性医師からみれば「転職」だ。要するに、東京医大は自分のところで働いてくれる医師にしか関心がなかったのだろう。

 実態は「就職試験」

 実は、この点こそが今回の問題の本質である。医学部入試は、単なる大学入試ではない。大学医局への就職試験という側面もある。大学経営者にとっては、卒業後医師として自らが経営する大学病院や系列病院で働いてくれる人を選ぶ「採用試験」でもある。

 つまり、医学部とは教育機関であるにもかかわらず、合否の基準に卒後の働き方が入っていることを誰もおかしいと感じていないのである。このことが、問題の根深さを象徴している。

 だが、これは入試に限った話ではない。医局の勧誘や専門医制度も、医師や医局員不足への対策として「囲い込み」を続けている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東京医大不正入試 現役女医が見た「男社会」の現実 山本佳奈氏

「ニュース」のランキング