産経ニュース

【小池知事定例会見録】東京都立大名称復活「単に元に戻るというより、新しくステップアップしていくというニュアンス」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
東京都立大名称復活「単に元に戻るというより、新しくステップアップしていくというニュアンス」

定例記者会見に臨む小池百合子都知事=24日、都庁 定例記者会見に臨む小池百合子都知事=24日、都庁

 「それから、あと2本でありますが、首都大学東京などの名称変更についてのお知らせでございます。本日、公立大学法人首都大学東京の島田理事長から、大学名などを変更する方針について報告を受けました。具体的には、平成32年4月から、首都大学東京の大学の名前を、『東京都立大学』と変更するというものであります。同じく、法人が設置いたします産業技術大学院大学にも『東京都立』を付けまして、『東京都立産業技術大学院大学』と変更いたします。これに合わせまして、法人名を『東京都公立大学法人』と変更するという報告を受けております。名称変更を一つの好機といたしまして、都立の大学として都との連携を一層強化する取組を進めまして、大学の更なる発展を目指していくというのが、法人の考え方であります」

 「今後でありますが、公立大学法人の定款の変更など、東京都と法人で必要な手続きの方を進めてまいります。都立の大学であるということを都民の皆様方などにわかりやすく発信していくことで、教育研究成果を都民、そしてまた都政に還元していくという大学の存在意義がこれまで以上に明確になることを、都としても期待いたしております。なお、名称変更に当たりましては、例えば、この現在の首都大学東京で入学された在学生の方々、それからまた卒業生の方々などに対する丁寧な説明が必要だと考えておりますので、法人、そして大学に、その対応をお願いしているところであります。都としても、必要な支援を行ってまいります。詳細は、総務局にお聞きください」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング