産経ニュース

【中東ウオッチ】石油大国の大改革 サウジ皇太子、最大の敵は「国民のぬるま湯体質」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中東ウオッチ】
石油大国の大改革 サウジ皇太子、最大の敵は「国民のぬるま湯体質」

首都リヤドの運転教習所では、黒づくめの衣装「アバヤ」を来た女性たちが女性教官の話に耳を傾けていた(佐藤貴生撮影) 首都リヤドの運転教習所では、黒づくめの衣装「アバヤ」を来た女性たちが女性教官の話に耳を傾けていた(佐藤貴生撮影)

 石油大国のサウジアラビアで大改革が進行している。6月下旬には世界で唯一、禁じられてきた女性の車の運転が解禁され、海外メディアの注目を浴びた。しかし、これはサウジ人の就職を促し、社会・経済構造を変える壮大な試みの一端でしかない。次期国王と目されるムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32)が主導する改革は国の盛衰を左右する重要な意義があり、大量の石油を買い付けている日本にとっても人ごとではなさそうだ。(リヤド 佐藤貴生)

働く女性を増やせ

 サウジ西部ジッダ。うだるような暑さの7月上旬の夕、紅海に面したウオータフロントの大通りで会った主婦のダリアさん(40)は、トヨタ・レクサスのハンドルを握りながら、「サウジの男性は交通ルールを守らないから危ない」と話した。

 ダリアさんは米国の運転免許証を持っており、サウジの免許に切り替えたばかりだ。サウジでは、海外暮らしの経験があり運転してきた女性も少なくない。

 サウジ資本の汎アラブ紙によると、国内には仕事を持たない主婦が150万人以上いる。また、30歳を過ぎても結婚していなかったり、離婚したりする女性も増えているとされる。これらの女性に1人で移動できる手段を認め、就職を促すのが運転解禁の狙いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 石油大国の大改革 サウジ皇太子、最大の敵は「国民のぬるま湯体質」
  • 石油大国の大改革 サウジ皇太子、最大の敵は「国民のぬるま湯体質」
  • 石油大国の大改革 サウジ皇太子、最大の敵は「国民のぬるま湯体質」
  • 石油大国の大改革 サウジ皇太子、最大の敵は「国民のぬるま湯体質」

「ニュース」のランキング