産経ニュース

北海道・鹿追町の「水鉄砲大会」が存続の危機 なぜ?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


北海道・鹿追町の「水鉄砲大会」が存続の危機 なぜ?

大人も真剣に水鉄砲で勝敗を競う「十勝しかおい水鉄砲選手権大会」。来年の開催が危ぶまれている=8月4日、北海道・鹿追町(杉浦美香撮影) 大人も真剣に水鉄砲で勝敗を競う「十勝しかおい水鉄砲選手権大会」。来年の開催が危ぶまれている=8月4日、北海道・鹿追町(杉浦美香撮影)

 水鉄砲で真剣に勝敗を競うユニークなイベント「十勝しかおい水鉄砲選手権大会」が8月4日、北海道・鹿追町の町営総合グラウンドで開催され、多くのチームが水鉄砲を真剣に撃ち合い、楽しんだ。今年で9回目。全国的にもユニークな大会として知名度も上がってきたが、ある理由から来年の開催が危ぶまれているという。参加者らからは「続けてほしい」との声が出ているが…。

前例なく、手作りで運営

 大雪山のふもとに位置する農業・酪農の町、鹿追町。この、のどかな街で水鉄砲選手権大会が始まったのは平成22年だった。町商工会青年部が「どこにもない、個性的なイベントで町を盛り上げよう」と企画した。

 他に例がない大会のため、ルールづくりも回を重ねるごとに改良、開催しながら手作りで行ってきた。

 開催日程は一昨年までは2日間だったが、昨年からは1日開催となり、1チーム5人で、大人も子供も参加可。対戦形式で、選手は水がかかると色が変わるゼッケンをつける。

 水鉄砲を撃ち合い、制限時間内に敵チームを1人でも多くアウトにしたチームが勝ちとなる。

 アウトになるのはゼッケンの的が濡れたときや、サイドラインを出るなどいくつかのケースがある。選手全員の動きを見なければならないため、1試合5、6人の審判を要する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北海道・鹿追町の「水鉄砲大会」が存続の危機 なぜ?
  • 北海道・鹿追町の「水鉄砲大会」が存続の危機 なぜ?
  • 北海道・鹿追町の「水鉄砲大会」が存続の危機 なぜ?
  • 北海道・鹿追町の「水鉄砲大会」が存続の危機 なぜ?

「ニュース」のランキング