産経ニュース

【モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら】〈32〉『神やぶれたまはず』再読

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら】
〈32〉『神やぶれたまはず』再読

73回目の終戦の日。日没後も多くの参拝者が訪れた靖国神社=8月15日午後、東京・九段北(酒巻俊介撮影) 73回目の終戦の日。日没後も多くの参拝者が訪れた靖国神社=8月15日午後、東京・九段北(酒巻俊介撮影)

 昭和7年生まれの文芸評論家、桶谷秀昭さんは文庫判の解説にこんな言葉を寄せている。

 《私は想像する、近い将来ではないが、いつか、八月十五日正午のあの瞬間が、ノスタルジイとして共有されるとき、戦後日本は決定的な精神の変革をもつであらう。そのとき、あの「あの瞬間」の記憶は、保田與重郎(よじゅうろう)風に言へば、「偉大なる敗北」となるであらう》

 「いつか」とは、いったいいつのことだろう。モンテーニュは言っている。

 《いつかできることはすべて、今日もできる》

       =隔週掲載

   (文化部 桑原聡)

「ニュース」のランキング