産経ニュース

【平成の証言】「さあゲームの始まりです 愚鈍な警察諸君 ボクを止めてみたまえ」(9年2月~7月)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【平成の証言】
「さあゲームの始まりです 愚鈍な警察諸君 ボクを止めてみたまえ」(9年2月~7月)

神戸児童連続殺傷事件で、男児の遺体の一部が発見された現場(奥の柵の中)に続く道=平成15年5月撮影 神戸児童連続殺傷事件で、男児の遺体の一部が発見された現場(奥の柵の中)に続く道=平成15年5月撮影

 31年4月30日の終わりに向けてカウントダウンが始まった平成時代。私たちが受け止め、発した言葉は時代の証言となって「あのとき」をよみがえらせます。「平成の証言」を、元年からひと月刻みで振り返ります。

平成9年2月

 「もしや、うちの娘もと思った。交通事故にでも巻き込まれたと考えていましたが、死亡宣告はせず、希望を持ち続けてきました」(横田滋さん)

 3日、本紙は「『20年前、13歳少女拉致』北朝鮮亡命工作員証言 新潟の失跡事件と酷似」の見出しで、横田めぐみさんが北朝鮮に拉致された疑いがあることを初めて報じた。父、滋さんが語った「もしや」とは、本紙が昭和55年1月に報じた「アベック連続蒸発事件」の記事を見た両親の直感だった。

 7日、政府は6件9人の拉致被害者を認める初の答弁書を閣議決定。拉致問題がついに顕在化する。

9年3月

 「出かけに家族から『最後だから気をつけてね』と言われ、胸がいっぱいになった」(三井三池炭鉱に入坑する村上雄市さん)

 明治時代の富国強兵政策や、戦後の経済復興をエネルギー供給面で支えた三井三池炭鉱(福岡県、熊本県)が30日、120年余りの歴史に幕を閉じた。

 明治6年に官営事業化され、22年に三井家に払い下げられた三池炭鉱。昭和38年には死者458人の炭塵(たんじん)爆発事故も起きた。生産量のピークは45年度の657万トンで、石油、原子力への転換と安い海外炭に押され、最後は3分の1にまで落ち込んでいた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング