産経ニュース

桑原あい 注目のジャズピアニストが手に入れた「自然体」で臨む新作

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


桑原あい 注目のジャズピアニストが手に入れた「自然体」で臨む新作

注目のジャズピアニスト、桑原あい。「かわいいでしょ?」とお気に入りのアロハシャツはビンテージもの(石井健撮影) 注目のジャズピアニスト、桑原あい。「かわいいでしょ?」とお気に入りのアロハシャツはビンテージもの(石井健撮影)

 昨年2月、11月に作品を発表。今年も、もうすぐ新作を出す。ほぼ9カ月間隔だからハイペースだ。きっと、小柄な体に収まりきらないほどたくさんの音楽が、桑原(くわばら)あい(26)の内側からほとばしり出ているに違いない。

自然な変化

 注目の若手音楽家の一人。ジャズのピアノ奏者だ。

 昨年2月の作品は伝統的な編成である三重奏団(トリオ)で録音し、同11月の作品ではドラム奏者との二重奏(デュオ)に挑戦した。8月22日に「桑原あいザ・プロジェクト」名義で出す新作「To The End Of The World」はトリオを基本に、曲によって管楽器や弦楽器、さらにはボーカルやラップを加えた。多彩だ。変則的だ。

 「それぞれの曲が必要とする楽器や歌を加えました。“変化球”ではなく、自分の音楽を表現するための自然な流れ」

壊れた

 電子オルガンを習っていた。「天才少女」と週刊誌で紹介されたこともあったが、中学生の時にピアノに転向した。高校の音楽科を卒業すると、ピアノ奏者として働き始め、平成24年に初めてのCDを発表した。

 最初のうちは、トリオ編成で演奏することにこだわった。「この編成でなければ、自分が表現できないと執着した」。また、共演者には常に細い指示を出した。思い通りの音が返ってこないと、心の中で毒づいた。「どうして、こんな簡単なことができないの」

 こういう中間管理職、どこの職場にもいそうだが、こだわりが強い完全主義は、だれでもない自分を追い詰めた。演奏は問題ないが、作曲がまったくできないという形でスランプに陥ってしまった。半分、壊れた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 桑原あい 注目のジャズピアニストが手に入れた「自然体」で臨む新作
  • 桑原あい 注目のジャズピアニストが手に入れた「自然体」で臨む新作
  • 桑原あい 注目のジャズピアニストが手に入れた「自然体」で臨む新作

「ニュース」のランキング