産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「仲間」をつくるメリット

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「仲間」をつくるメリット

合同企業説明会の会場で、資料を丹念に調べるリクルートスーツの学生ら=3月1日、大阪市住之江のインテックス大阪(前川純一郎撮影) 合同企業説明会の会場で、資料を丹念に調べるリクルートスーツの学生ら=3月1日、大阪市住之江のインテックス大阪(前川純一郎撮影)

 就職活動は孤独との戦いです。友人とも就活について話すことはあるかもしれませんが、内定を獲得する前にライバルになる可能性がある人に企業の選考情報を提供してくれる学生は多くはありません。そもそも普段一緒にいる友人も就活が初めてのため、詳しい知識を持っていないことがほとんどです。また、親世代の就活は現在の就活とスタイルが異なるため、どのようにやればいいか明確な答えを教えてもらうことができません。以上から、孤独に就活する学生が増えているのが現状です。受験のように自分の現在値を知ることができないのが就活です。だからこそ、一人での就活はお勧めできません。そこで今回は、就活仲間を作ることの重要性を考えていきます。

心の安定剤となる

 就活は「受かった」「落ちた」の結果が繰り返し突きつけられます。これまでの受験勉強は、個人差はありますが、頑張れば点数を上げることができたと思います。しかし、就活はそうはいきません。エントリーシートやグループディスカッション、面接においては企業ごとに評価基準が異なり、その結果も共通項目で表すことのできないものです。手応えがあっても落ちることもありますし、その逆も存在します。実際、内定塾の塾生も超がつくほどの難関企業から内定を獲得しても、全ての企業から内定を獲得することはできないことがほとんどです。

続きを読む

「ニュース」のランキング