産経ニュース

【大人の遠足】青森・鶴田「鶴の舞橋」 吉永小百合さん“共演”で脚光

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大人の遠足】
青森・鶴田「鶴の舞橋」 吉永小百合さん“共演”で脚光

3つのアーチはツルのつがいが大空に向かって飛ぶイメージを表現。風と雲がない時は岩木山が湖面に映るという=青森県鶴田町 3つのアーチはツルのつがいが大空に向かって飛ぶイメージを表現。風と雲がない時は岩木山が湖面に映るという=青森県鶴田町

 女性が橋の上でたたずみ、湖面に映る岩木山(1625メートル)の絶景を楽しむ。女優の吉永小百合さんが出演し、JR東日本のCMに起用された橋として話題となった。以前から気になっていた名所に足を運んだ。絶好のロケーションに目を奪われた。

 橋が架かる「廻堰(まわりぜき)大溜池」は別名・津軽富士と呼ばれる岩木山が逆さに映ることから「津軽富士見湖」の愛称で親しまれている。橋は平成6年7月、国と青森県の補助で総事業費2億6000万円をかけて完成。樹齢150年以上の青森ヒバ700本を使った幅3メートル、全長300メートルの木造三連太鼓橋で、床板の数は4LDKの住宅約30棟に相当する3千枚使用している。

CM効果絶大

 温もりを感じさせる緩やかなアーチは、ツルのつがいが飛翔する姿をイメージして造られた。江戸時代、町にはツルが飛来したとされ、今では8羽のタンチョウヅルが飼育されるなど、ツルにこだわった町づくりを進めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 青森・鶴田「鶴の舞橋」 吉永小百合さん“共演”で脚光
  • 青森・鶴田「鶴の舞橋」 吉永小百合さん“共演”で脚光

関連ニュース

「ニュース」のランキング