産経ニュース

【経済インサイド】大手住宅メーカーが「ロボット」「アシストスーツ」で作業員の負担を軽減!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
大手住宅メーカーが「ロボット」「アシストスーツ」で作業員の負担を軽減!

積水ハウスが今年中に導入するアシストスーツを着用した、ビス打ちの様子=茨城県古河市 積水ハウスが今年中に導入するアシストスーツを着用した、ビス打ちの様子=茨城県古河市

 また、同社はCYBERDINE(サイバーダイン)が開発・製造するロボットスーツを国内の全工場に本格導入した。腰への負担は最大で4割低減し、20キロの部材を取り扱った場合は12キロ程度の荷物を運んだような感覚になるという。これによって腰痛リスクの低減を図り、さらなる労働環境の改善につなげる。

 日本建設業連合会は、37年に建設技能労働者が約128万人不足すると指摘している。このため、90万人の若手確保を目標に総合的な処遇改善を進める▽生産性を高め、35万人の省人化を達成する-という2つの目標を掲げている。

 大手住宅メーカーでロボットの導入は、生産体制の効率化や省人化を推進する上で絶対条件となりつつある。(経済本部 伊藤俊祐)

このニュースの写真

  • 大手住宅メーカーが「ロボット」「アシストスーツ」で作業員の負担を軽減!
  • 大手住宅メーカーが「ロボット」「アシストスーツ」で作業員の負担を軽減!
  • 大手住宅メーカーが「ロボット」「アシストスーツ」で作業員の負担を軽減!

「ニュース」のランキング