産経ニュース

【いまも飛ぶ大戦機】第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【いまも飛ぶ大戦機】
第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」

 多種多様な大戦機を乗りこなすアメリカ人現役パイロットに、「第二次大戦で最も優れた戦闘機は?」と質問すると、しばしば意外な答えが返ってくる。「もちろんグラマンF6Fヘルキャットだ!」と。その真意は、単なる紙上のスペックよりも、頑丈で信頼が置ける機体構造、新米パイロットでも乗りこなせる即戦力の方が、実戦ではずっと重要なのだそうだ。事実その活躍は目覚ましく、米海軍が太平洋戦争中に空中戦で撃墜した日本軍機の実に80%近くは、F6Fヘルキャットが挙げた戦果であった。

グラマンF6Fヘルキャット(手前)とヴォートF4Uコルセア(奥)は、同一エンジンを搭載してほぼ同時期に開発されたが、設計思想は見事なまでに対照的であった。(Photo:Atsushi グラマンF6Fヘルキャット(手前)とヴォートF4Uコルセア(奥)は、同一エンジンを搭載してほぼ同時期に開発されたが、設計思想は見事なまでに対照的であった。(Photo:Atsushi "Fred" Fujimori)

 とはいえ垢抜けない外観、際立ったスペックを持たないF6Fヘルキャットは、口さがない大戦機ファンから「偉大なる凡作」とのそしりを受けている。そもそもF6Fヘルキャットは、革新的設計のヴォートF4Uコルセアが、失敗した場合に備えて開発された、いわば“保険”のような戦闘機だったからだ。この米海軍の予想は見事(?)に的中し、F4Uコルセアの開発が難航したため、堅実な設計が功を奏したF6Fヘルキャットは、主力艦上戦闘機の座を射止めたのである。そして太平洋戦争の中期以降、攻勢に転じた米海軍の急先鋒として、対日戦勝利の立役者となったのだ。

優美さとは無縁のグラマンF6F-5ヘルキャットだが、“グラマン鉄工所”と呼ばれるほど頑丈だった。戦後に大量処分されので、飛行可能機は数機しか現存しない稀少機種だ(Photo:Atsushi 優美さとは無縁のグラマンF6F-5ヘルキャットだが、“グラマン鉄工所”と呼ばれるほど頑丈だった。戦後に大量処分されので、飛行可能機は数機しか現存しない稀少機種だ(Photo:Atsushi "Fred" Fujimori)

続きを読む

このニュースの写真

  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」
  • 第二次大戦で最も優れた戦闘機は? 米海軍の「偉大なる凡作」VS「遅れて来た秀作」

関連ニュース

「ニュース」のランキング