産経ニュース

【平成の証言】「電車の床が液体でぬれ、みんなせき込み、けいれんを起こした人もいた」(6年11月~7年5月)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【平成の証言】
「電車の床が液体でぬれ、みんなせき込み、けいれんを起こした人もいた」(6年11月~7年5月)

地下鉄サリン事件で、日比谷線「築地駅」前の路上で手当てを受ける被害者=平成7年3月20日 地下鉄サリン事件で、日比谷線「築地駅」前の路上で手当てを受ける被害者=平成7年3月20日

 31年4月30日の終わりに向けてカウントダウンが始まった平成時代。私たちが受け止め、発した言葉は時代の証言となって「あのとき」をよみがえらせます。「平成の証言」を、元年からひと月刻みで振り返ります。

平成6年11月

 「二大政党制に移行するわけだから、政策面で国民に何を訴えていくか練り上げ、判断してもらうようにしなければ」(小渕恵三自民党副総裁)

 衆院の中選挙区に代わる小選挙区・比例代表並立制導入に伴う300選挙区を定めた区割り法などの政治改革関連3法が21日、参院本会議で成立した。昭和63年のリクルート事件以来、歴代内閣で最大の課題とされてきた政治改革は「6年越しでようやく完結段階を迎えた」と当時の本紙は報じている。

 二大政党制による政権交代は21年、民主党によって実現。政治改革の内実は今も問われている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「電車の床が液体でぬれ、みんなせき込み、けいれんを起こした人もいた」(6年11月~7年5月)

「ニュース」のランキング