産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅

ホームで入線する列車を待つ ホームで入線する列車を待つ

 ようやく手にした乗車券はSE6号。始発はサイゴン駅で終着はハノイ駅。そう、旅行者に人気の“南北統一鉄道”だ。時刻表通りなら、朝9時にサイゴンを出発して翌日夜19時12分にハノイ駅に到着する。1泊2日・約34時間のそこそこの長旅。「いつか叶うものなら」と後ろ髪を引かれつつ、ホーチミンのお隣り「ビエンホア」までの乗車券を購入した。到着予定時刻は9時42分。片道ほんの40分ほどのショートトリップ。ちなみに運賃は3万ベトナムドン(約150円)。安い。

 食堂車が連結されているそうだし、早めにホームに入って構内や列車の写真を撮ろう。そそくさとエントランスに進むとなんと自動改札。国内線の飛行機みたいに乗車券は感熱紙に印刷され、QRコードが付いている。これをピッとやってホームへ進むわけだが、改札は出発時刻の15分前まで開かないという。

 時間を持て余してあちこちくまなく見て歩く。構内の見取り図は英語も併記され、親切だ。駅は2階建てで2階には広大な乗車券売り場と待ち合い室、1階にはインフォメーションとチケット売り場、待ち合い室がある。ハンバーガーショップやコンビニ、売店が充実していて、食べることには事欠かなそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅
  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅
  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅
  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅
  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅
  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅
  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅
  • ベトナム鉄道(2)近代的な施設に東南アジアらしいゆるさが満載“面白すぎる”サイゴン駅

「ニュース」のランキング