産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「正解のある」大学受験と「正解のない」就活 悩みすぎないで!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「正解のある」大学受験と「正解のない」就活 悩みすぎないで!

就職活動の面接が解禁され、損害保険ジャパン日本興亜の面接に臨む学生たち=6月1日、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影) 就職活動の面接が解禁され、損害保険ジャパン日本興亜の面接に臨む学生たち=6月1日、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影)

 8、9月は学生の夏季休暇中となるため、企業のインターンシップが充実しています。意識の高い学生は学業やアルバイトのかたわら、インターンシップに熱心に参加していると思います。内定塾に通う学生も多い人で30社以上のインターンシップに申し込んでおり、売り手市場といわれる中でも危機感を持って就職活動に臨んでいます。

 さて、今回は就活で「学生が陥りやすいこと」を話したいと思います。

 大学受験のような感覚で就活に臨む人が多いですが、実際は大きく異なります。その主な要因は「現在の立ち位置が分からない」ことです。受験の場合は、普段のテストや模擬試験などで「あとどのくらいで合格」という“物差し”がありますが、就活の場合、内定を取れるかどうかは残念ながら誰にも予測できません。学生指導の担当者であれば、どのような学生が受かりやすいか判断できますが、初体験となる学生たちにとって自分で判断するのは容易ではありません。

 実際の面接でも終了後にフィードバックをもらうことはほとんどなく(インターンシップの場合はもらえる可能性あり)、何が原因でダメだったのか、次の面接にどう改善すればよいのか分からず、悩む学生はたくさんいます。また、面接官によってもアドバイスが異なるので、何が正解か分からなくなってしまうのです。今まで「答えがある」人生を送ってきた多くの学生にとって、「答えのない」就活は初めての経験になるため、精神的にもきつく、一人で乗り越えるのは簡単ではありません。社会人から見ると「答えのないことなんて社会に出たら当たり前」と思うかもしれませんが、学生にはまだ理解ができないのです。

続きを読む

「ニュース」のランキング