産経ニュース

【昭和天皇の87年】遂にロシア軍司令官が降服 世界が称賛した乃木希典の武士道精神

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
遂にロシア軍司令官が降服 世界が称賛した乃木希典の武士道精神

画=井田智康 画=井田智康

 なお、谷は陸軍士官学校15期卒で、二○三高地で戦死した乃木の次男、保典と同期である。陸大教官後は国際連盟陸海空軍問題常設委員や近衛歩兵第2旅団長などを歴任。昭和10年に第6師団長となり、南京攻略戦などに参戦した。しかし戦後は「南京事件」の責任者の一人としてGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に逮捕され、中国の南京軍事法廷に移送。その後の戦犯裁判で谷は、「第6師団は軍機厳正であり、事件の証拠はすべて偽造である」などと主張したものの死刑判決が下され、22年4月26日、銃殺刑に処された。“勝者の裁き”による不当判決だが、谷は少しも取り乱さず、従容たる最期だったという。

【参考・引用文献】

○長南政義編『日露戦争第三軍関係史料集』(国書刊行会)

○『日露戦争第三軍関係史料集』所収の「大庭二郎中佐日記」

○参謀本部編『明治卅七八年日露戦史』(偕行社)

○和田政雄編『乃木希典日記』(金園社)

○谷寿夫『機密日露戦史』(原書房)

○長岡外史文書研究会編『長岡外史関係文書・回顧録篇』(長岡外史顕彰会)○明治38年1月3日の東京朝日新聞

○津野田是重『斜陽と鉄血』(偕行社)

○宮内庁編『昭和天皇実録』27巻

「ニュース」のランキング