産経ニュース

【昭和天皇の87年】遂にロシア軍司令官が降服 世界が称賛した乃木希典の武士道精神

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
遂にロシア軍司令官が降服 世界が称賛した乃木希典の武士道精神

画=井田智康 画=井田智康

旅順攻囲戦(6)

 ロシア旅順要塞司令官アナトーリイ・ステッセルが、第3軍司令官乃木希典に降伏を申し入れたのは、二◯三高地の陥落からほぼ1カ月後、明治38(1905)年1月1日である。

 二◯三高地陥落以降、乃木は、敵の堡塁(ほうるい)近くまで塹壕(ざんごう)を掘り進めてから突撃する正攻法を一歩進め、地下に坑道を掘って堡塁の下まで達し、大量の火薬で爆砕する戦術を採用。それまで第3軍を苦しめていた要塞正面の永久堡塁を次々に攻略し、1日午後には旅順高峰の望台を落した。

 すでに戦意を喪失していたステッセルは、もはやこれまでと思ったのだろう。

 要塞陥落の吉報に国民は歓喜熱狂した。1月3日の東京朝日新聞によれば、「(東京)市中各区は直(ただち)に祝捷(しゅくしょう)の準備に着手し、辻々の大国旗は殊に花やかに翻(ひるが)へり、各新聞社前は常よりも十倍大の紙片に旅順陥落、敵将降伏など筆太に記して号外発行の混雑恰(あたか)も戦地の如し。(日本橋界隈などの)家々は紅白又は浅黄(あさぎ)と白の幔幕を張り、燦然(さんぜん)花の林に入るが如し」だったという。

× × ×

 だが、陸軍上層部の一部には、冷ややかな空気もあったようだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング