産経ニュース

【iRONNA発】西野ジャパン 「恐れの心理」がほころびに変わった瞬間 杉山崇氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
西野ジャパン 「恐れの心理」がほころびに変わった瞬間 杉山崇氏

ベルギー戦の後半終了間際、決勝ゴールを決められたGK川島(右端)と倒れ込む昌子 =3日、ロストフナドヌー(共同) ベルギー戦の後半終了間際、決勝ゴールを決められたGK川島(右端)と倒れ込む昌子 =3日、ロストフナドヌー(共同)

 サッカー日本代表の戦いが終わった。屈指のタレントがそろう強豪国、ベルギーとの互角以上の戦いに世界が驚きをもって伝えた。とはいえ、またしても立ちふさがった8強の壁。世界との差はどれくらいあるのか。(iRONNA)

 試合の勝敗を分けたのは、サッカーの差ではなく、メンタリティーの差といえるかもしれません。そこで、本稿では日本中に感動を与えた戦いに感謝しつつ、心理面から足りなかったものを考えてみたいと思います。

 試合の印象や考え方としては、「日本の限界だった」と捉えることもできるかもしれません。しかし、筆者には勝ち越しから失点までの間に、自分たちのパスミスに対して苦笑いして、足が止まっている選手がいたことが気になりました。勝ち越したことで一瞬、「挑戦者のメンタリティー」を失ってしまったように見えたからです。

 挑戦者のメンタリティーとは、良い意味で相手を恐れて、自分の全力を出せるメンタリティーです。実は、恐れというものは高い集中力を生む感情なのです。

 ◆敵を知り、己を知る

 恐れは強すぎると人をうろたえさせるため、自らのパフォーマンスを下げてしまいます。しかし、恐れを適度に保てれば、自分にできることに集中して全力を出せる原動力になるのです。いわゆる「敵を知り、己を知れば」の心境です。敵の強さをよく知っているわけですから、苦笑いをする余裕も、足を止める時間もあるはずがありません。

続きを読む

このニュースの写真

  • 西野ジャパン 「恐れの心理」がほころびに変わった瞬間 杉山崇氏

「ニュース」のランキング