産経ニュース

【原発最前線】注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【原発最前線】
注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見

日本原子力発電東海第2原発の設備の耐震実験に立ち会う、原子力規制委の山中伸介委員(中央)ら=6月21日、兵庫県三木市(規制委提供) 日本原子力発電東海第2原発の設備の耐震実験に立ち会う、原子力規制委の山中伸介委員(中央)ら=6月21日、兵庫県三木市(規制委提供)

 「遅れ」ばかりが注目されている現状から東海第2は抜け出せるのか。タイムリミットは5カ月後に迫っている。

東海第2原発 日本原子力発電の沸騰水型軽水炉(BWR)。日本初の大型原発として昭和48年に着工、53年に営業運転を開始した。原電によると、BWR1基として国内最高の総発電電力量の記録を保持している。他のBWRには東京電力福島原発、同柏崎刈羽原発などがあり、BWRでは柏崎刈羽原発6、7号機が昨年12月、初めて新規制基準の適合性審査に合格した。

このニュースの写真

  • 注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見
  • 注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見
  • 注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見
  • 注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見

「ニュース」のランキング