産経ニュース

【昭和天皇の87年】流血無残な第1回総攻撃 戦場は日本兵の死体で埋め尽くされた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
流血無残な第1回総攻撃 戦場は日本兵の死体で埋め尽くされた

画=井田智康 画=井田智康

旅順攻囲戦(3)

 明治37(1904)年8月19日早朝、遼東半島(現中国遼寧省)の先端にある旅順の山々を、濛々(もうもう)たる黒煙が覆った。

 乃木希典(まれすけ)率いる第3軍の攻城砲兵部隊が一斉砲撃を開始。ロシア旅順要塞への第1回総攻撃が、遂に始まったのだ。

 乃木は要塞の東北正面を主要攻撃目標とし、第1師団が水師営南方の堡塁(ほうるい)群などに、第9師団が竜眼北方堡塁と盤竜山東堡塁に、第11師団が東鶏冠山北堡塁などに突撃した。

 だが、コンクリートで固めた近代要塞の防御力は、当時の日本人の想像を絶していた。

 小銃を手に突撃した日本兵は、たちまちロシア軍の機関銃になぎ倒され、砲弾に吹き飛ばされた。それでも日本兵は同胞の死体を踏み越えて堡塁に取りすがったが、その防壁はあまりに厚く、無慈悲だった。

 この戦闘で負傷した第22連隊旗手の桜井忠温が、当時の情景を戦記文学の名著「肉弾」に書く。

 「嗚呼(ああ)、何等の惨(さん)ぞ! 其の死骸は二重三重と重なり、四重五重と積み、或る者は手を敵の砲台に掛けて倒れ、或る者は既に乗り越えて、敵の砲架を握れるままに死したるあり、そして苦しき呻(うめ)き声の深き地の底より起こるが如くに聞ゆるは、畳み重なった下に在る負傷者が発したのである。勇壮なる此の突撃縦隊が、味方の死屍(しし)を乗り越え踏み越え、近く敵塁に肉薄して、魚鱗(ぎょりん)掛かりに突き入ると、忽(たちま)ち敵の精巧なる機関砲によって、攻め寄る者毎(ごと)に一々撃殺された為、死屍は数層のなだれを打って、敵塁直下に斯(か)くは悲惨なる状況を現出したのである」

 戦闘は6日間にわたり、各部隊の砲弾も肉弾もみるみる尽きていった。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング