産経ニュース

【野党ウオッチ】野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界

6月19日、東京・JR荻窪駅前で街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表。今後、共産党などとの選挙戦略を見直すのか 6月19日、東京・JR荻窪駅前で街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表。今後、共産党などとの選挙戦略を見直すのか

 自民、公明の巨大与党に対し、野党が乱立している現状で与党に対峙(たいじ)するためには参院選の1人区では票の分散を防ぐため野党候補の一本化が不可欠だ。立憲民主も1人区での候補者調整の必要性は認めており、枝野氏は「安倍政権、自民党政権による政治がおかしいという皆さんとできるだけ幅広く、違いがあっても1人区は候補者を一本化すべきだという立場だ」と述べている。

 ただ、共産党が野党共闘のあり方として候補者の一本化に加えて求めている「相互推薦」には否定的だ。立憲民主幹部は「候補者の一本化は目指すが、共産含め他党の候補を推薦することはないだろう」と話し、あくまで候補者のすみ分けにとどめる考えだ。

 枝野氏は24日、さいたま市での講演で来年夏の参院選について「(比例代表に)候補者は20人くらい立てるつもりだ」と表明した。28年の前回参院選での旧民進党の擁立数に並ぶ数を挙げたのは、野党第一党として次期参院選で野党共闘の主導権を握ろうという戦略の表れだ。

 立憲民主は来年の改選によって衆参で与野党の「ねじれ」を作り出し、政権を追い込んでいく筋書きを念頭に置く。その実現のためにも、今後の地方選の結果なども踏まえ共産を含む他の野党との距離感を慎重に見極めていく考えだ。 (政治部 小沢慶太)

このニュースの写真

  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界
  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界
  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界
  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界

「ニュース」のランキング