産経ニュース

【野党ウオッチ】野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界

6月19日、東京・JR荻窪駅前で街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表。今後、共産党などとの選挙戦略を見直すのか 6月19日、東京・JR荻窪駅前で街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表。今後、共産党などとの選挙戦略を見直すのか

 こうした地方の首長選に国政の課題を持ち込むやり方が有権者の反感を買い、敗戦の一因になったとの見方がある。

 一方、立憲民主党幹部は敗因について「共産党や社民党に頼ってやる選挙の限界が出た」と漏らす。昨年の衆院選から続いた野党再編のあおりで立憲民主や国民民主の地元組織が脆弱(ぜいじゃく)な中、共産などが前面に出て選挙戦を支えた側面があり、それが無党派層などへの支持の広がりを欠いた要因であるとの分析だ。

 新潟県知事選と同じ10日に投票された東京・中野区議補選も立憲民主にとっては参院選の戦略を練る上で一つの判断材料となる結果となった。

 同補選は自民、立憲民主、共産各党の公認候補による三つどもえで争われた。同区は長妻昭代表代行(58)の地元で、立憲民主は新潟県知事選同様に枝野幸男代表(54)や福山哲郎幹事長(56)、蓮舫参院幹事長(50)ら幹部を続々と投入する力の入れようだった。

 結果、立憲民主公認候補が約4万票を獲得し、当選した。共産公認候補と反自民票を分け合う構図だったにも関わらず、次点の自民候補に1万票近い差をつけての圧勝だった。福山氏は選挙後、記者団に「自民、共産、立民の公認3者の中で、うちがあれだけの票をとれたというのは非常に大きい」と話した。立憲民主幹部は「(構図が)すっきりしていた方が実は戦いやすいということだ」と解説する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界
  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界
  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界
  • 野党の参院選戦略見直し 立民は共産と距離? 新潟知事選「共闘」に限界

「ニュース」のランキング