産経ニュース

【近ごろ都に流行るもの】「無香」でブーム再燃の「ココナツオイル」 認知症予防にも

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【近ごろ都に流行るもの】
「無香」でブーム再燃の「ココナツオイル」 認知症予防にも

フィリピンのココナツ農場を視察するココウェルの水井裕社長(左、本人提供) フィリピンのココナツ農場を視察するココウェルの水井裕社長(左、本人提供)

 3、4年前にブームになったココナツオイル。独特の香りが「苦手」「料理に使いにくい」などと持てあまされて“鎮火”したことが記憶に新しい。それが今、「無香」タイプが出回って、再び人気に火が付いた。有効成分「中鎖脂肪酸」を抽出したオイルは「MCT」とも呼ばれ、体脂肪になりにくく、認知機能をつかさどるケトン体を産生し、アルツハイマー病予防・治療の見地からも期待が大きい。(重松明子)

 通販「味とサイエンス」は3月、「Cecil無香ココナッツオイル」お徳用(1キロ、2016円)を発売した。「毎日の料理に使っていただくことが大切。前回ブーム終息の反省から、日本人の好みに合うオイルを研究してきた。約200度まで変質しないので、揚げ物や炒め物にも使ってほしい」とお客さまサービス担当の藤本進さん。

 オイルを監修するのは、抗老化研究で知られる白澤卓二医師。3月発行の米国の学術書『アルツハイマー病 真実と終焉(しゅうえん)』日本版の監修も手がけ、難解ながら7刷5万9千部という発行部数が、各方面からの関心の高さを示している。この本でもココナツオイルが強く推奨されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「無香」でブーム再燃の「ココナツオイル」 認知症予防にも

「ニュース」のランキング