産経ニュース

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁 会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁

 「新しい方法で、年度末までの実施ということであります。LED電球への交換をきっかけとして、都民の省エネムーブメントをさらに広げていきたい。そして、家庭のCO2の削減につなげていきたいと思います。昨今の石油価格も若干、こう上振れしているということなど、産業界は、非常に利益にも経済効率にも熱心でございます。一方で、お一人お一人、また、家庭においては、電気料金がそのまま自動振込になっていたりすると、なかなか、ピンと来ない部分があるかと思いますけれども、しかしながら、家庭でのCO2排出の多くを占める照明ということに改めて着目していただいて、是非、都とともに、CO2の削減、地球温暖化防止対策にご協力いただきたい。それは必ず、電気料金が安くなるということで返ってまいりますので、それを体感していただきたいと思います。そこで新たな仕組みでございますけれども、白熱電球に加えて、電球形の蛍光灯も対象といたします。切れた電球も対象とするということで、その幅を広げます。ご持参いただきます電球の個数は1個といたしまして、これまでは2個だったのですけれど、白熱電球または電球形の蛍光灯を1個持参していただきますと、それによってLED電球1個を無償で交付するというものでございます。これまで、白熱球はもう大分、『もう、うちにないよ』と、『あっても、1個だから2個にはならない』というようなお声もいただいてまいりました。ここは『1個と1個』に変えるということで、普及を促進する方を優先したいと思います」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング