産経ニュース

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁 会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁

 --地震の関係で東京防災の外国語の対応が英中韓という現状だ。例えばアラビア語やフランス語など言語を広げる考えは。LEDの関係で新たな展開をするが、知事がピコ太郎と共演した映像が2個1が前提だった。映像差し替えは

 「ピコ太郎さんの件は、ちょっと検討いたします。いろいろと契約などもあることでしょうから、ちょっと確認はしますが、でも、多くの方が、私の知り合いの方も、『うちにもう2個ないのよね』と言われる方が結構多くて。買って、別に新しいのを買っていくのもなんだしねという、それは禁じてますしね。ということで、1個にするというのは、広がりをより付けるという意味であります。それから、最初のご質問だった地震ですけれども、東京防災、そして東京くらし防災も、両方、それぞれ翻訳はしております。ただこれは、果てしなく全ての言語に変えるというのも大変な話で、ちょっとこの辺りはITとの関係でどうすれば良いかを考えたいと思います。基本的な事項については、いくつかの主な言語でお知らせするというのをベースにしていくというのが、現実的なのかなと思っております」

 --帰宅困難者問題で大切なのは、避難場所がどれだけ確保されているかということ。国立競技場でも避難場所をつくる話があったがどうなっているか。新宿西口には既存の超高層ビルがあるが、1、2階ロビーを開放すれば、相当の避難場所として使えるのでは

 「了承いたしました。頑張ります。というか、皆さんが安心できる、そういう最善策を考えていきたいと思っております」

関連トピックス

「ニュース」のランキング