産経ニュース

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁 会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁

 --カイロ大の卒業について一部の報道で卒業証書に関して、以前、著書に載せたものと2年前にテレビで示したもので内容が違うという指摘がある

 「私はそういう報道には接しておりませんが、卒業証書というのは1枚で、そして、額に入れたりするものであります。卒業証明書というのは、就職のときとか必要なときに自らの卒業を証明するものであると。必要に応じて大学が発行してくれるものでございます。今、どの辺についての疑義を言っておられるのかよくわかりませんけれども、これについては、卒業証書は1枚でございますし、それ以上のものはないと思っております。よって、これは卒業証書は1枚であって、そして、それは大学が正式に発行した唯一のものであるということでございます」

 --大阪地震に関連して、知事は無電柱化を目指しているが、ライフラインで特に気になった点は

 「まず、今回、水道、ガスの復旧は、地域によって遅れているところがあると、これは無電柱化のときに常に言われることでありまして、『日本は地震国だから、電気は電力は電柱なんだよ』と説明がされることが多いわけであります。実際、今回このように、復旧は確かに電力の、電柱は早い、大体、復旧を早くするために電柱というのはあるわけで、その後は、地中に埋められることが多いんです。これまで、テンポラリーな状況が、ずっと日本は戦後続いてきたということであります」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング