産経ニュース

【小池知事定例会見録】受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
受動喫煙防止条例「いろいろな意見や考え方が活発に交わされることが、意識啓発という観点から喜ばしい」

会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁 会見を行う東京都の小池百合子知事=22日午後、都庁

 「それから、私自身、関心を抱きましたのは、外国人への情報の到達がどうなるのかということについては、改めて確認もする必要があるかと思います。チャランチャランという最初の警報のような、スマホを通じてのあれが鳴るのかどうかも、私ちょっと確認しておりませんけれども、鳴るとどういう意味があるのかというのも教えて差し上げないと意味がわからないし、かえってパニックを誘ってしまうかもしれません。そういったことなどを含めまして、大阪はまだ検証する段階にも至っておられないかもしれませんが、各方面からの分析をさせていただくと同時に、いつ、どこで起こっても、同じ課題があるかと思いますので、今回の大阪の皆様方にはお見舞い申し上げるとともに、お互い、都市型の災害についての知見などは、是非共有していきたいと考えているところでございます」

 --LEDの交換事業なんですけれども、こちら、元々100万個の交換を目標に掲げていたが、その目標はこれからも維持するのか

 「数もさることながら、これは予算を組んでおりますので、予算が消化しなければ、その分、余剰として、予算はそのまま残るわけですが、目的はLEDを普及させることによって、CO2の排出を削減をし、そしてまた、一人ひとりの地球温暖化、また、省エネムーブメントに対しての意識を高めていこうということが目的であります。100万個という目標を掲げておりますけれども、今回は、それをさらに実質的に普及させるためのさまざまな方法を考えたわけでございます。よって、予算が活用されるということを目標として、そして、より多くの方々にご参加いただくということを目標としていきたいと考えております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング