産経ニュース

【経済インサイド】「マイルドセブン」は日米貿易戦争の“産物”だった 加熱式でも“旗印”に

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「マイルドセブン」は日米貿易戦争の“産物”だった 加熱式でも“旗印”に

 同時期に登場した「キャビン」(53年発売)は“洋モクの雰囲気”を、「キャスター」(57年発売)はバニラフレーバーで個性を打ち出し、いずれも輸入たばこを迎え撃つ役目を期待されたという。

 マイルドセブンから改称されたメビウスのネーミングは、「MILD SEVEN」のMとSを受け継ぎ、Evolution(進化)のEとV、I(自社)と顧客のU(YOU)との絆を表現したという。

このニュースの写真

  • 「マイルドセブン」は日米貿易戦争の“産物”だった 加熱式でも“旗印”に
  • 「マイルドセブン」は日米貿易戦争の“産物”だった 加熱式でも“旗印”に
  • 「マイルドセブン」は日米貿易戦争の“産物”だった 加熱式でも“旗印”に

「ニュース」のランキング