産経ニュース

【江藤詩文の世界鉄道旅】山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【江藤詩文の世界鉄道旅】
山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する

大人も楽しいミニリニア。モデルは広報のリニア女子・梶原牧子さんにお願いしました 大人も楽しいミニリニア。モデルは広報のリニア女子・梶原牧子さんにお願いしました

 2027年に品川=名古屋間の開通を控えた「リニア中央新幹線」。営業運転に向けた走行試験が行われている全長42.8kmの「山梨リニア実験線」の線路沿いに建つのが「山梨県立リニア見学センター」だ。ここでは走行試験中のリニア中央新幹線を見学できるほか、超電導リニアについて学べる展示物や体験型アクティビティも用意されている。

 とりわけ超電導リニアの基礎知識をじっくり学べるのが、「どきどきリニア館」の2階。「超電導リニアのしくみ」ゾーンでは「1.電流で磁界をつくる」「2.磁界で電流をつくる」「3.超電導リニアが進むしくみ」「4.超電導リニアが浮くしくみ」「5.超電導リニアが曲がれるしくみ」と、5つのステップごとに体験しながら超電導リニアへの理解を深める「動く模型」が展示されている。

 ここでひと通りの知識を得たら、ぜひ体験したいのが磁気で浮上走行する感覚を“さわり”だけ体感できる「ミニリニア」のライド。かわいいサイズ感とデザインに「子ども向けかな」と一瞬気後れしたが、シニアの夫婦や鉄道ファンらしき中年男性など、老若男女を問わず楽しげに乗車していて安心。

 その隣りに設けられた「超伝導ラボ」では、1日に数回実験を見学できる。まるでジェットコースターのようにループする特製の「超伝導コースター」の線路上を、液体窒素で凍ったように見えるコイルが浮遊したまま超スピードで走り抜けるさまは、見ているだけで楽しい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する
  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する
  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する
  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する
  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する
  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する
  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する
  • 山梨県立リニア見学センター(2)なぜリニアは速いのか? 子どもに混じって「超伝導」を学び体験する

「ニュース」のランキング