産経ニュース

【赤字のお仕事】「申し訳ございません」 回送バスは謝っているのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
「申し訳ございません」 回送バスは謝っているのか

 バスが謝っている。「回送中 申し訳ございません SORRY, OUT OF SERVICE」

 気持ちは分からなくもない。しかし正当な業務としての「回送」なら、そこまで言わなくてもよいのではないか。「本来は客を乗せるべきなのだが、トラブルがあって乗せることができません」という状態を示しているようにも見える。

 というのは、半ば言いがかりのようなものです。申し訳ございません。

 「申し訳ない」を辞書で調べると、「謝罪」のほかに「依頼」する場面でも使われるとある。

 「申し訳ございませんが、次のバスをご利用ください」というお願いを意味している可能性はありそうだ。長すぎるので「申し訳ございません」にとどめたのかもしれない。

 一方、英語のSORRY には「残念」といった意味があるという。バスは、乗客を運んでこそ本領を発揮するはずである。回送で走るのは「残念」「無念」「不本意」であろう。そういった気持ちも「申し訳ございません」に込められているような気がする。

 「回送中 申し訳ございません」。これと似た表示をするバスは全国各地で見られるそうだ。なかでも「すんません回送中です」というくだけた表現が評判だという。自分に非がある場合に「すんません」では少々問題があるだろう。やはりこれは「謝罪」とは異質のものだろうと思う。

続きを読む

「ニュース」のランキング