産経ニュース

【佐藤綾子のパフォーマンス講座(32)】藤井聡太七段・大谷翔平選手・栃ノ心関の巻 トップを走る若者たちのキーワードは「周囲を立てる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【佐藤綾子のパフォーマンス講座(32)】
藤井聡太七段・大谷翔平選手・栃ノ心関の巻 トップを走る若者たちのキーワードは「周囲を立てる」

大関昇進伝達式の後、鯛を持って祝う栃ノ心関。両隣は春日野親方夫妻=5月30日、東京都墨田区(高橋朋彦撮影)    大関昇進伝達式の後、鯛を持って祝う栃ノ心関。両隣は春日野親方夫妻=5月30日、東京都墨田区(高橋朋彦撮影)   

 《パフォーマンス学の権威として知られる佐藤綾子氏が、「リーダーたちに学ぶ伝え方」として、各界の第一線で活躍するリーダーの所作を通じ、社内でのプレゼンテーションや営業トークといったビジネスの現場で役立つテクニックを伝授します。産経ニュースへの特別寄稿です》

謙虚な若者だけがレジェンドになれる

 10代、20代、30代の若者たちに今、日本中が拍手したり、「どうしてこの若さで」とうめいたりしています。10代は将棋の藤井聡太七段(15)、20代は米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(23)、30代は大相撲の栃ノ心関(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、春日野部屋=です。

 藤井七段は8歳のころ、一番憧れている谷川浩司九段との対戦で谷川九段が途中で引き分け宣言をしたのですが、悔しくて泣き叫び、後に師匠となる杉本昌隆七段が慰めるも泣き止まず、母親が迎えにきたというエピソードがあります。

 内に秘めた負けん気が口から出るときには、先輩や周りを立てる言葉になって出てきます。ついつい将棋に興味のなかった人まで「藤井の将棋」を見たり、漫画の主人公にしたり、関連グッズが売れたりとフィーバーを起こしています。

続きを読む

このニュースの写真

  • 藤井聡太七段・大谷翔平選手・栃ノ心関の巻 トップを走る若者たちのキーワードは「周囲を立てる」
  • 藤井聡太七段・大谷翔平選手・栃ノ心関の巻 トップを走る若者たちのキーワードは「周囲を立てる」
  • 藤井聡太七段・大谷翔平選手・栃ノ心関の巻 トップを走る若者たちのキーワードは「周囲を立てる」
  • 藤井聡太七段・大谷翔平選手・栃ノ心関の巻 トップを走る若者たちのキーワードは「周囲を立てる」

「ニュース」のランキング