産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】「クリスマステロ」に怯える!?習近平氏 クーデターにビクつく金正恩氏と励まし合う?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
「クリスマステロ」に怯える!?習近平氏 クーデターにビクつく金正恩氏と励まし合う?

中国国営通信新華社が5月8日に配信した、中国遼寧省大連で会談に臨む中国の習近平国家主席(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の写真。いったい何を話したのか…(新華社=共同) 中国国営通信新華社が5月8日に配信した、中国遼寧省大連で会談に臨む中国の習近平国家主席(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の写真。いったい何を話したのか…(新華社=共同)

 北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩委員長と中国の習近平国家主席は5月上旬、中国遼寧省大連の海岸沿いを寄り添うように“散策”したが、12日にシンガポールで予定される米朝首脳会談を前に「中朝同盟」が繰り出す手の内を明かさぬ盗聴対策の一環だった。盗聴されやすい屋内を避け、記録担当者も帯同せず通訳官のみでの“散策”であった。

 事実上の一対一の会談を外交用語で「テタテ」と称するが、裏返せば、両氏ともに自国の治安要員すら信用できない境遇ということ。当然、性別や車両のナンバーまで識別する米国の偵察衛星は、会話中の両氏の姿を撮影したはずだ。

 ただ、CIA(米中央情報局)などは両氏の唇・ほほ・あごの微細な動きを読唇術で解析する手法に長けているが、超高性能の米偵察衛星でさえ、唇の動きを鮮明に捉える解析度には達してはいない。さて、中朝首脳会談の結びの言葉は何だったのか? 論拠は後述するが、筆者には両氏がどちらからともなく、難局を乗り切るべく「『身体』には互いに『気を付けよう』」と社交辞令を発し、会談を締めくくったに違いあるまいと推測している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「クリスマステロ」に怯える!?習近平氏 クーデターにビクつく金正恩氏と励まし合う?
  • 「クリスマステロ」に怯える!?習近平氏 クーデターにビクつく金正恩氏と励まし合う?
  • 「クリスマステロ」に怯える!?習近平氏 クーデターにビクつく金正恩氏と励まし合う?

「ニュース」のランキング