産経ニュース

【びっくりサイエンス】鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

ヒヨドリの糞から採取された卵から孵化したナナフシモドキの幼虫(末次健司・神戸大特命講師提供) ヒヨドリの糞から採取された卵から孵化したナナフシモドキの幼虫(末次健司・神戸大特命講師提供)

 特に、ナナフシモドキでは食べさせた70個のうち14個が無傷で排泄され、そのうち2個が孵化して幼虫になったことも確認。鳥に捕食された昆虫の卵は全て死滅するという常識を覆した。

 ナナフシの卵が無傷のまま鳥の消化管を通過できるという知見は、ナナフシの成虫が頻繋にヒヨドリに食べられていること、ナナフシの雌の体内には単為生殖で孵化の準備ができ殻が硬くなった卵がたくさん入っていることなどを考え合わせると、植物の種子と同じように、ナナフシも鳥を子孫の分布拡大に利用している可能性が浮上してくる。

ダーウィンもびっくり? 渡りのルートとの関連調査

 もちろん、木の枝に擬態して目立たないようにしていることなどから分かるとおり、ナナフシは積極的に鳥に食べられようとしているわけではない。それでも、結果的に種の移動分散や分布拡大を促進する要因になっているとはいえそうだ。ナナフシの仲間には一度も他の陸地とつながったことがない海上の島に分布しているものも少なくないという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦
  • 鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

「ニュース」のランキング