産経ニュース

【びっくりサイエンス】鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

ヒヨドリの糞から採取された卵から孵化したナナフシモドキの幼虫(末次健司・神戸大特命講師提供) ヒヨドリの糞から採取された卵から孵化したナナフシモドキの幼虫(末次健司・神戸大特命講師提供)

 では、どんな場合にそれが可能になるだろう。まず鳥の消化管を無傷で通過できるほど卵が丈夫なことが求められる。また、糞の中から孵化した幼虫が、餓死しないように自力で餌場にたどりつける能力を持っていることも必要だ。

 さらに、卵は雌の体内にあるうちに食べられてしまうため、雄との交尾がなくても幼虫になれる「単為生殖」を行える昆虫でなくてはならない。一方、羽を持ち移動能力が高い昆虫は鳥を利用する必要性が低い。

覆った常識、鳥の糞から幼虫が孵化

 これらの条件を全て満たすのが、ナナフシの仲間だった。ナナフシの卵は、植物の種子に似た硬い殻を持っている。産卵は地面にばらまくように行われ、孵化した幼虫は自力で餌となる植物にたどり着く。また、多くの種類で単為生殖が可能な上、羽がない。移動能力は低く、うまく木の枝に擬態しているようでも頻繁に鳥に食べられる。

 そこで、硬い殻を持つトゲナナフシ、ナナフシモドキ、トビナナフシの卵を計約200個、ヒヨドリに食べさせて無傷で排泄されるかどうかを調べた。その結果、いずれの種も5~20%の卵が無傷で排泄されていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦
  • 鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

「ニュース」のランキング