産経ニュース

【びっくりサイエンス】鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

ヒヨドリの糞から採取された卵から孵化したナナフシモドキの幼虫(末次健司・神戸大特命講師提供) ヒヨドリの糞から採取された卵から孵化したナナフシモドキの幼虫(末次健司・神戸大特命講師提供)

 昆虫なのに、まるで木の枝のように見えるナナフシは、多くは羽がなく移動能力も低いため鳥の餌になりやすい。だが実は、それを逆手に取って子孫の拡散に利用しているらしいことが、神戸大などの研究で分かってきた。卵は鳥に食べられても消化されず糞(ふん)とともに排泄(はいせつ)され、孵化(ふか)して幼虫になることが確認された。木の実を食べた鳥が種子を運ぶのと同じで、植物に似ているのは見かけだけではなかったらしい。

植物の種子のように遠くへ移動する条件

 多くの昆虫の卵は、植物の種子とは異なり硬い殻などに包まれていない。そのため鳥に捕食されたら簡単に消化され、糞が排泄されても孵化などできるはずがないと考えられてきた。

 だが、末次健司・神戸大特命講師(生態学)らは、この常識に疑問を抱いた。「昆虫が鳥に食べられた場合、昆虫の体内の卵が消化されず排泄される場合だってあるのではないか」。もしそうなら、昆虫も植物と同じように鳥を「乗り物」として利用し、遠くに卵を運べる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦
  • 鳥に食べられ卵を運ばせる? 飛べない昆虫ナナフシ、命懸けの生息域拡大作戦

「ニュース」のランキング