産経ニュース

【昭和天皇の87年】お世継ぎ誕生!「皇室万歳の声は大帝国の山河に反響せり」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
お世継ぎ誕生!「皇室万歳の声は大帝国の山河に反響せり」

画=井田智康 画=井田智康

運命の皇子(1)

 街中の至る所に、日の丸がはためいていた。往来は喜色にあふれ、酒場からは時折「万歳」の声が漏れた。

 その前日、明治34(1901)年4月29日-。

 《(昭和天皇は)東京市赤坂区青山の東宮御所内御産所において皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の第一男子として御誕生になる。この日皇太子妃節子(のちの貞明皇后)には午前より御出産の徴候あり、午後三時四十分侍医相磯慥の拝診をお受けになり、七時頃御産所に入られる。この間、東宮拝診御用橋本綱常・侍医局長岡玄卿始め東宮附侍医局員が相次ぎ参殿する。午後十時十分御降誕、御身長一尺六寸八分(約51センチメートル)、御体重八百匁(もんめ・約3000グラム)。御産所御次ノ間において御産湯を受けられる》(昭和天皇実録1巻1頁・※1)

 吉報は翌日、新聞の号外や役場の公報により、瞬く間に広まった。

 5月2日付の国民新聞は、東京や大阪、名古屋、青森、群馬、熊本など全国各地の人々がこぞって奉祝する様子を報じている。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング