産経ニュース

【メディア会見録】5月(2)「万引き家族」のカンヌ最高賞 フジの宮内正喜社長「感無量」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メディア会見録】
5月(2)「万引き家族」のカンヌ最高賞 フジの宮内正喜社長「感無量」

文化放送の新番組「竹中功のアロハな気分」でDJに挑戦している吉本興業の元広報マン、竹中功さん(大塚創造撮影) 文化放送の新番組「竹中功のアロハな気分」でDJに挑戦している吉本興業の元広報マン、竹中功さん(大塚創造撮影)

 「当時、私がやっていた(ドキュメンタリー番組)『NONFIX(ノンフィックス)』という枠でやってみようと、55分の『しかし』という作品を作った。それが、その年のギャラクシー大賞の最高賞を取った。ドキュメンタリストとして最初から才能を発揮していた」

 「そのフジテレビのドキュメンタリーの枠で、数々の社会的な問題を扱ったもの…当時は家族的なものよりも社会派的なものを多く作っていて…それ以外の賞も色々取ってた。5、6年、それをやった後、本人の最初からの夢である映画に行きたいと。それで、テレビから離れて映画の方に行かれた」

 「でも、その後も義理堅くフジテレビと関わる映画作品を作ってこられたという経緯で、テレビから入ってテレビでも才能を見せたのだということを思い出す」

このニュースの写真

  • 5月(2)「万引き家族」のカンヌ最高賞 フジの宮内正喜社長「感無量」

関連トピックス

「ニュース」のランキング